[ふくさの作法]




[冠婚葬祭マナーのキホン]



【サイトのご紹介】


いざというとき役に立つ、冠婚葬祭のマナーのキホンをお伝えしています。
のし袋・表書きの書き方から、お祝い・お返しの方法など、正式なマナーをご紹介。
TOP>[ふくさの作法]
50000円が今なら無料!
あのテリー伊藤氏もあ然!話題の川島和正さんの・・・
インターネットビジネス実践会


[ふくさの作法]





祝儀袋も不祝儀袋もいずれもきちんとふくさに包んで持参するのがマナーです。
渡す際にはふくさから取り出し、表書きを先方に向けて差し出します。

それぞれの場合の正しい作法をご紹介します。


(慶事の場合)
明るくておめでたい色のふくさを使いましょう。
斜めにした左中央に表向きで袋を置きます。
左側→上側→下側の順に包みます。
最後に右側をかぶせて裏にまわします。


(弔事の場合)
グレーや紺など地味な色のふくさを選びます。
斜めにした右中央に表向きで袋を置きます。
右側→下側→上側の順に包みます。
最後に左側をかぶせて裏にまわします。






カテゴリー

(のし袋)




(お祝い&お付き合い)





Copyright (C) 2006 冠婚葬祭マナーのキホン All rights reserved