[中包みの書き方]




[冠婚葬祭マナーのキホン]



【サイトのご紹介】


いざというとき役に立つ、冠婚葬祭のマナーのキホンをお伝えしています。
のし袋・表書きの書き方から、お祝い・お返しの方法など、正式なマナーをご紹介。
TOP>[中包みの書き方]
50000円が今なら無料!
あのテリー伊藤氏もあ然!話題の川島和正さんの・・・
インターネットビジネス実践会


[中包みの書き方]





中包み、またはそれに代わる封筒の表面の中央に縦書きでバランスよく金額を書きます。


「金○○円也」という書き方をするのは10万円以上などの高額な場合です。


裏面の左下には少し小さく住所・氏名を書きます。
受け取った方が後々整理をするのに役立ちますので、きちんと郵便番号も書き添えておくと親切ですね。市販の祝儀袋にはあらかじめ住所や姓名欄が印刷されているものもあります。


弔事の場合は、表面には何も書かず、裏面の右下に金額、左下に住所と姓名を書きます。


お札は新札で。弔事の場合は一度折り目をつけるとよいです。


また、お札の表側が表面にくるように、更に肖像を上にして入れましょう。







カテゴリー

(のし袋)




(お祝い&お付き合い)





Copyright (C) 2006 冠婚葬祭マナーのキホン All rights reserved