[お金の包み方]




[冠婚葬祭マナーのキホン]



【サイトのご紹介】


いざというとき役に立つ、冠婚葬祭のマナーのキホンをお伝えしています。
のし袋・表書きの書き方から、お祝い・お返しの方法など、正式なマナーをご紹介。
TOP>[お金の包み方]
50000円が今なら無料!
あのテリー伊藤氏もあ然!話題の川島和正さんの・・・
インターネットビジネス実践会


[お金の包み方]





慶事と弔事では、中包み・上包みともにお金の包み方は逆となりますのでご注意ください。


(中包み)
正面から見て慶事は三角が左上、弔事は右下にくるように、上包みの奉書紙の上に置く。


(上包み)
慶事はしたの折り返しが上にくるように、弔事は上の折り返しが上にくるようにします。
*慶事・・幸せがたくさん入るように
*弔事・・悲しくてうつむくと覚える


市販の祝儀・不祝儀袋に中包みが入っていない場合は、奉書紙でお金を包みます。
半紙でもOKですが、お金が透けないような少し厚手のものを選びましょう。







カテゴリー

(のし袋)




(お祝い&お付き合い)





Copyright (C) 2006 冠婚葬祭マナーのキホン All rights reserved