[表書きの書き方]




[冠婚葬祭マナーのキホン]



【サイトのご紹介】


いざというとき役に立つ、冠婚葬祭のマナーのキホンをお伝えしています。
のし袋・表書きの書き方から、お祝い・お返しの方法など、正式なマナーをご紹介。
TOP>[表書きの書き方]
50000円が今なら無料!
あのテリー伊藤氏もあ然!話題の川島和正さんの・・・
インターネットビジネス実践会


[表書きの書き方]





慶事・弔事に関わらず、文字は必ず黒の筆か筆ペンで書きましょう。


万年筆やボールペンなどはNGです。


基本的に、結婚祝いや出産祝いなど一般のお祝いごとは濃い黒、葬式や法事など不祝儀は薄墨を使います。


表書きの字を書くのがあまり上手くない・・という人でも、心をこめて丁寧に書けば大丈夫です。



表書き(上書き)・・・贈る趣旨を伝えます。中央にバランスよく書きます。



のし・・・弔事やお見舞いなどには付けません。



水引・・・何度あっても良いお祝い事は「蝶結び」、繰り返さないほうがよい
      お祝い事(結婚式など)は「結びきり」



表書き(姓名)・・・中央に、上書きの文字より少し小さく、
            フルネームを書きます。






カテゴリー


(のし袋)




(お祝い&お付き合い)





Copyright (C) 2006 冠婚葬祭マナーのキホン All rights reserved